ジューテックグループ

People

城北営業所 業務課 2014年 新卒入社

営業から業務へ。
キャリアチェンジが
生んだ視野の広さ。

M.S
城北営業所 業務課
2014年 新卒入社

社員の方にかけていただいた言葉が、
不安を消し去ってくれた。

性別や年齢に関係なく、いつまでもバリバリ働きたい。それが、私の就職活動の出発地点でした。幼い頃から共働きの両親の下で育った私にとって、仕事と家庭を両立する母の姿が理想の姿。そんなキャリアを描くため、女性でも思い切り働ける会社を探す中で出会ったのがジューテックでした。面接でも全ての会社で「女性でも活躍できる環境がありますか?」と質問していて、どの会社も問題ないと返答してくれたのですが、弊社だけはむしろ応援してくれたんです。面接だけでなく、営業所訪問をした際にも産休育休をはじめとした女性活躍を支援する体制についてもお話しいただけて、志望度が高まっていったのを覚えています。それでも、業界特性として男性のお客様が多い点に少しの不安があったのは事実ですが、「全然問題ないよ。もし、何か難しいことがあっても全力でサポートするから」という社員の方の言葉で不安も消え、安心して入社を決意できました。

社員の方にかけていただいた言葉が、<br />
不安を消し去ってくれた。

営業時代に培ったお客様視点が、
先回りの対応を生む。

入社後は希望通り営業として思い切り働いて、成果も残すことができていましたが、業務課が人手不足になったタイミングで、異動の打診を受けたんです。業務の仕事を知るいい機会だと思ったので、受けることにしました。業務課の仕事は、一言で言えばジューテックのサービス提供の要。お客様の問い合わせ対応等も行いますが、メインは営業が取ってきた注文内容に合わせて、メーカーへ資材を発注すること。社外に出ることも少なく、営業とは全く違う仕事ですが、それでも営業時代の経験を生かして私ならではの価値が発揮できるよう意識しています。特に大事にしているのが先回り精神。例えば、お客様から電話で発注の依頼があったとします。それをお受けしてメーカーに発注するだけなら誰にでもできる。私はそこで納期、商品、個数、等様々な要件の優先順位を必ず確認するんです。そうすれば仮に希望資材の在庫が十分になかったとき、再入荷を待つのか、代替商品を手配するのか、その場で判断してスムーズに対応できます。実際に、営業ではなく私から先回りで代替品をご提案して納得いただいたケースも少なくありません。どんなトラブルが起き得るのか、それがどれほどお客様にとってダメージとなるのか、どうすれば防げるのか。営業として何度も直接お客様と顔を突き合わせて話してきたからこその知見を活かして、これからも先回りの対応を続けていきます。

営業時代に培ったお客様視点が、<br />
先回りの対応を生む。

業務だからこそできる、
新たな挑戦もきっとある。

今、会社は変革のタイミングに差し掛かっていると感じています。創業100周年も目前に控え、次の100周年に向けて新たな柱となる事業の立ち上げをはじめとした、挑戦の種が生まれ始めている。ここでも、業務として先回りの対応をすることが、その挑戦を大きく後押しすることに繋がるはずです。今までにないような製品の受注や、新しい領域での提案で必要な資材。新しい一歩を踏み出すには、それを実現するための発想の転換が必要不可欠。そのときに、私たち業務の社員が「そんな資材扱ったことないからわかりません」では、挑戦なんてできるはずもない。今後、どんな領域でどんな事業が生まれようと、そこで必要となるあらゆる資材、メーカーの知識を持っておけるよう準備しておく。先回りの精神で情報感度を常に高く保つ。それが、近いうちに生まれる新たな事業を加速させる。そしてそれは、この国の住まいの可能性をさらに広げていくことにも繋がる。業務という立ち位置を活かしながら、会社とともに挑戦していきたい。そう思っています。

ENTRY