ジューテックグループ

People

横浜営業所 営業一課 2013年 新卒入社

社外も巻き込んで
仕掛けを企み
「住」の可能性に想いを馳せる。

H.T
横浜営業所 営業一課
2013年 新卒入社

様々な人と関わり合いながら、
丁寧なやり取りで信頼を紡ぐ会社。

実を言えば、特に住宅に興味があったわけではありませんでした。なくなることなく、将来にかけてずっと貢献できる仕事がいいなと思ったとき、それなら衣食住のどれかだろうと。そのため、住宅に限らず食品業界やアパレルも見ていましたし、就職活動初期は商社だけでなくメーカーも選択肢にありました。その中でジューテックを選んだ理由は大きく2つ。一つは卸であるということ。メーカーであれば、基本的には相対するのはお客様だけですが、卸の場合はお客様はもちろん仕入れ先とも接点を持ちながら、多くの人と関わりながら仕事を進めることができる。お客様も多種多様なので、幅広い経験ができて面白そうだと感じました。2点目は人の良さ。これが一番の決め手になりましたね。面接の雰囲気もアットホームで話しやすく、入社後も気兼ねなく相談ができるイメージが湧きました。人事の方のコミュニケーションも丁寧で、連絡のメールも他社以上にこまめにいただけて、信頼感と安心感が生まれました。それに、きっと仕事をするときもお客様に対してこのような丁寧なやりとりをされているはず。そんな営業になれたらという想いもあり、入社を決めました。

様々な人と関わり合いながら、<br />
丁寧なやり取りで信頼を紡ぐ会社。

会社という枠を超えて、
ともに企む面白さはこの仕事ならでは。

私が担当している仕事は、簡単に言えば販売店に対して様々な住宅資材を卸す仕事。少しわかりづらいかもしれませんが、メーカーから仕入れた商品を販売店に卸し、販売店が工務店に販売するという流れです。この仕事の一番の醍醐味は「企む」面白さ。例えば、メーカーがある商品の売り上げを伸ばしたいとします。じゃあ、どうすれば販売店に多く取り扱ってもらえるのか。その戦略をメーカーと一緒になって企むわけです。当然、自社で作っているわけですから商品知識はメーカーの方が深いですが、販売店のことは私の方が遥かに知っている。だからこそ協力することで、販売店が抱えているリアルなニーズに対して、最適な機能を前面に出した提案が可能になる。受注確度が上がるのもそうですが、会社という枠を超えて、同じ目的のために力を合わせること自体がとても面白いですし、企みがうまくいった時の達成感も互いに分かち合える。これほどやりがいのある仕事だとは、入社前は気づけませんでしたね。

会社という枠を超えて、<br />
ともに企む面白さはこの仕事ならでは。

お客様のニーズを先読みすること、
それは未来の「住」を想うこと。

やりがいが大きい分、難易度も高いのがこの仕事。日頃の丁寧なコミュニケーションで販売店の最新のニーズを察知し続ける必要があります。それだけではなく、もっと俯瞰で業界全体を見ながらトレンドやこれまでの傾向をもとに、将来のニーズも先回りで予測しなければならない。そのためには、販売店の先にいる工務店のニーズも知る必要があります。販売店が欲しいものはすなわち、そのお客様である工務店が欲しいものですから。ただ、これもまた私にとっては楽しいんですよね。どんな製品が求められるだろう、ニーズはどう変わっていくだろう。こんな機能があれば、もっと快適になるはず。そんな住まいの可能性を考えていきたいですね。それに、弊社には太陽光エネルギーや住宅設備の管理をはじめとした専門分野に特化したスペシャリストチームがあります。だから、可能性を可能性で終わらせずに、形にできる力がある。私が「住」の未来を描き、社内の知見を結集して形にする。それが今の私の夢です。もちろん、夢で終わらせるつもりはありませんよ。

ENTRY